サービス利用規約

サービス利用規約

利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社SCOTT(以下、「当社」といいます。)が提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。本サービスを利用する医療機関又は医療従事者(以下、「ユーザー」といいます。)には、本規約に従って、本サービスをご利用いただきます。

  1. 適用

本規約は、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

  1. 本サービスの内容

本サービスは、ユーザーに対して、医療向けのデジタル同意書をはじめとする医療事務支援サービスを提供します。当該サービスには、本サービスの利用に係る技術的なサポート、運用に係る報告等を含みます。

  1. 利用登録

本サービスにおいては、登録希望者が本規約に同意の上、当社の定める方法によって利用登録を申請し、当社がこれを承認することによって、利用登録が完了するものとします。

 

当社は、利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。

・利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合

・本規約に違反したことがある者からの申請である場合

・登録希望者が22(反社会的勢力の排除)に規定する反社会的勢力若しくは同条第1項各号のいずれかに該当することが判明した場合

・未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかに該当し、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていない場合

・その他、当社が利用登録を相当でないと判断した場合

 

ユーザーは、登録情報に変更が発生した場合、直ちに、変更手続を行う義務を負います。 なお、変更手続を行った場合でも、変更前にすでになされた手続等は、変更前の情報に基づいて行われます。

 

当社は、ユーザーが登録情報の変更を怠ったことによりユーザー又は第三者に生じた損害が生じた場合であっても、当社の故意又は過失がある場合を除き、責任を負いません。

 

当社は、登録希望者が提供した登録情報に虚偽、誤り、記入漏れ等不正確な情報があったことによりユーザー又は第三者に損害が生じた場合であっても、当社の故意又は過失がある場合を除き、責任を負いません。

 

  1.  ユーザーIDおよびパスワードの管理

ユーザーは、自己の責任において、本サービスに関するユーザーIDおよびパスワードを適切に管理および保管するものとします。

ユーザーは、いかなる場合にも、ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与し、もしくは第三者と共用することはできません。当社は、ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には、そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。

ユーザーIDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は登録ユーザーが負うものとします。

ユーザーは、自身のユーザー情報を第三者に不正に使用されることが発覚した場合等、当社による本サービスの提供を阻害するおそれがある事由が発生した場合、直ちに当社に対して報告しなければなりません。

 

  1. 5.禁止事項

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

・法令に違反する行為または犯罪行為に関連する行為

・本規約に違反する行為 

・本サービスの内容等、本サービスに含まれる著作権、商標権ほか知的財産権を侵害する行為

・当社、本サービスの他の利用者またはその他の第三者に対する詐欺または脅迫行為

・当社、本サービスの他の利用者またはその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為

・本サービスの運営を妨害する行為またはそのおそれのある行為

・反社会的勢力等への利益供与行為

・本サービスの信用を毀損する行為

・本サービスのネットワークまたはシステム等に過度な負荷をかける行為

・当社が提供するソフトウェアその他システムに対するリバースエンジニアリングその他の解析行為

・当社のネットワークまたはシステム等への不正アクセス

・第三者になりすます行為

・本サービスの他のユーザーのユーザーIDおよびパスワードを利用する行為

・当社又は第三者に不利益若しくは損害を与える行為又はそのおそれのある行為

・事実に反する情報又は事実に反するおそれのある情報を提供する行為

・虚偽の登録情報を入力する行為

・前各号の行為を直接または間接的に惹起しまたは容易にする行為

・その他当社が不適切と判断する行為

  1. 6. 本サービスの契約期間

本サービスの契約は、ユーザーの申込みに対して当社が承諾の通知をした日に成立し、所定の契約期間が満了した日に終了します。期間満了の30日前までに、ユーザーまたは当社からの当社所定の方法による更新拒絶または契約条件の変更等の申し出がない限り、同一条件で更に自動更新されるものとし、以後も同様とします。

  1. 料金および支払い

本サービスの利用料金は、当社が別途定めます。

本サービスの利用料金は、経済情勢や物価の変動等にかんがみて改訂することがあります。

ユーザーは、当社が定める方法でのみ、本サービスに係る利用料金の決済を行うことができます。なお、振込手数料が発生する場合は、ユーザーが負担するものとします。

ユーザーは、当社が別途定める本サービスの利用料を、当社が別途定める方法にて支払うものとします。料金に支払いを遅延した場合、ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。

9. 本サービスの停止等 

当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

・本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合

・地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合

・コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合

・その他、当社が本サービスの提供が困難と判断した場合

 

当社は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、一切の責任を負わないものとします。

 

  1. 保証の否認および免責事項

当社は、本サービスに関してユーザーが被った損害につき、当社に故意又は重過失がある場合を除き、一切の賠償責任を負いません。

本サービスに関連して、⑴ユーザーが日本又は外国の法令に違反したことによりユーザーに生じた損害、⑵ユーザーと第三者(ユーザーの顧客および取引先等を含みますが、これらに限られません)との間で生じた取引、連絡、紛争等については、ユーザーが自己の責任によって解決するものとします。

ユーザーが自らの責任で必要な設定およびセキュリティ対策を実施するとともに、それらを適正に管理する責任を負うものとし、当社は端末等またはネットワーク等の不備を起因としてユーザーが被った損害について、当社は、一切の賠償責任を負いません。

当社は、ユーザーに対して、以下の各号の事項について、一切の保証をしません。 ⑴本サービスの内容について、その完全性、正確性及び有効性等

⑵本サービスに中断、中止その他の障害が生じないこと

当社は、天災、地変、火災、ストライキ、通商停止、戦争、内乱、疫病・感染症の流行その他の不可抗力により本契約の全部又は一部に不履行が発生した場合におけるユーザーに生じた損害又は不利益について責任を負いません。

当社の故意または重過失により、本サービスに関してユーザーに損害が発生した場合の賠償の範囲は、現実かつ直接に発生した通常の損害(特別損害、逸失利益、間接損害及び弁護士費用を除く。)の範囲内とし、かつ利用料金の6ヶ月分を上限とします。

 

11.利用制限 登録抹消

当社は、ユーザーが、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合には、事前に通知または催告することなく、当該ユーザーについて本サービスの利用の一時的な停止、本契約の解除、ユーザー登録の抹消等を行うことができます。

・本規約のいずれかの条項に違反した場合

・登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

・料金等の支払債務の不履行があった場合

・本サービスについて、最終の利用から一定期間利用がない場合

・当社からの連絡に対して1ヶ月間応答がない場合

・法令又は条例等に違反した場合

・支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合

・差押え、仮差押え、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合

・租税公課の滞納処分を受けた場合

・過去に当社から退会処分を受けていた場合

・その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

当社は、上記に基づき、本契約を解除した場合、解除を行った月までに受領した利用料金を返還する義務を負いません。

前項各号に掲げる場合のほか、当社は、ユーザーに対して14日前までに事前に通知することにより、本契約を解除することができます。

12.個人情報の取り扱い

当社は、本サービスの利用によって取得する個人情報については、当社「プライバシーポリシー」に従い適切に取り扱うものとします。

当社は、ユーザーの本サービスの利用ログについて、ユーザーとの別途の合意がある場合を除き、直近5年分を保存します。ただし、ユーザーの本サービスの利用契約が終了した場合、ユーザーとの別途の合意がある場合を除き、利用契約終了から30日を経過した時点で、当社は、ユーザーが本サービス上に提供した全てのデータ(ユーザー自身の個人情報ならびにユーザーの顧客および取引先の個人情報を含みますがこれらに限られません)を削除いたします。

ユーザーは、本契約期間中、当社所定の方法に従い、ユーザーが本サービス上に提供した以下の最新のデータについて、開示を請求することができます。

 ・ユーザーが提供した患者情報(氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、保険情報、公費情報、傷病名等)

・ ユーザーが提供した同意書

・ その他当社が指定する情報

  1. 1事例の公開

当社は、ユーザーからの特段の申し入れのない限り、ユーザーの病院名等を導入実績として、当社ウェブサイト、営業資料等において公開できるものとします。

  1. 14. 本サービスの退会

ユーザーは、当社所定の手続の完了により、本サービスから退会し、ユーザー登録を抹消することができます。

退会にあたり、当社に対して負っている債務がある場合は、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払いをしなければなりません。

当社は、ユーザーが本契約の解約を行った場合、当該解約が属する月までに受領した利用料金を返還する義務を負いません。

  1. 1本サービスの内容の変更および終了

当社は、当社の都合により、本サービスの内容を変更しまたは提供を終了することができます。当社が本サービスの提供を終了する場合、当社はユーザーに事前に通知するものとします。

ユーザーは、本契約が終了した場合、終了事由を問わず、本サービスについて、即時に一切利用できなくなります。

当社は、本契約が終了した場合、終了事由を問わず、ユーザーの登録情報等当該ユーザーに関する一切の情報を消去することができます。

当社は、前項の情報の消去につきユーザーに損害が生じた場合であっても、当社の故意又は過失がある場合を除き、責任を負いません。

  1. 16. 本規約の変更

当社は、当社が必要と認めた場合は、いつでも本規約を変更できるものとします。

当社は、本規約の変更を行う場合は、変更後の本規約の内容及び効力発生時期をユーザーに通知、当社のホームページ上への表示、その他当社所定の方法によりユーザーに周知します。

  1. 1連絡・通知

ユーザーと当社との間の通知または連絡は、当社の定める方法によって行うものとします。当社は、ユーザーから、当社が別途定める方式に従った変更届け出がない限り、現在登録されている連絡先が有効なものとみなして当該連絡先へ通知または連絡を行い、これらは、発信時にユーザーへ到達したものとみなします。

 

  1. 18. 権利義務の譲渡の禁止

ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

  1. 1秘密保持

ユーザーは、本サービスの提供に関して知り得た秘密情報(本サービスに関するノウハウ、技術上又は営業上の一切の秘密情報を含みます。)を、厳重かつ適正に管理するものとし、当社の事前の書面による同意なく第三者に開示、提供及び漏洩しないものとします。

ユーザーは、当社の指示があった場合又は本契約が終了した場合は、当社の指示に従い速やかに秘密情報を、原状に回復した上で返却又は廃棄し、以後使用しないものとします。

  1. ユーザーの損害賠償義務

ユーザーは、本規約の違反又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に発生した損害(特別損害、逸失利益及び弁護士費用を含みます。)を賠償します。

  1. 知的財産権

ユーザーは、方法又は形態の如何を問わず、本サービスにおいて当社から提供される全ての情報及びコンテンツ(以下総称して「当社コンテンツ」といいます。)を著作権法に定める、私的使用の範囲を超えて複製、転載、公衆送信、改変その他の利用をすることはできません。

当社コンテンツに関する著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他一切の知的財産権及びこれらの権利の登録を受ける権利(以下総称して「知的財産権」といいます。)は、当社又は当社がライセンスを受けているライセンサーに帰属し、ユーザーには帰属しません。

  1. 反社会的勢力の排除

ユーザーは、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下総称して「反社会的勢力」という。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。

(1)反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること。

(2)反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。

(3)自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってする等、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること。

(4)反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等の関与をしていると認められる関係を有すること。

(5)役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること。

ユーザーは、自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約します。

(1)暴力的な要求行為

(2)法的な責任を超えた不当な要求行為

(3)取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為

(4)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為

(5)その他前各号に準ずる行為

ユーザーは、反社会的勢力と取引関係を有してはならず、事後的に、反社会的勢力との取引関係が判明した場合には、これを相当期間内に解消できるよう必要な措置を講じます。

当社は、ユーザーが本条の表明又は確約に違反した場合、何らの通知又は催告をすることなく直ちに本契約の全部又は一部について、履行を停止し、又は解除することができます。この場合において、ユーザーは、当社の履行停止又は解除によって被った損害の賠償を請求することはできません。

当社は、ユーザーが本条の表明又は確約に違反した場合、これによって被った一切の損害の賠償を請求することができます。

ユーザーが本条の規定に違反して問題が発生した場合、ユーザーは、自己の費用と責任において当該問題を解決するとともに、当社に何らの不利益、負担又は損害を与えないよう適切な措置を講じなければなりません。

  1. 2存続規定

本契約の終了後にかかわらず、7(料金及び支払)、10(保証の否認および免責事項)、12(個人情報の取り扱い)、19(秘密保持)、20(ユーザーの損害賠償責任)、21(知的財産権)、24(準拠法、裁判管轄)及び本条の規定は、引き続きその効力を有する。

 

  1. 2準拠法・裁判管轄

本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。

本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

 

2024年2月19日制定